チューイングで太る理由

チューイングという言葉に馴染みがない方もいるかもしれませんが、チューイングとは「食べ物を噛んで、飲み込まずに吐き出す行為」をさし、摂食障害の一種です。

チューイングに悩んでいる方は、「嘔吐ができないから」という理由でチューイングの方法をとる方が多い気がしています。

そして、「チューングは太らない」と考えている方もいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。

正しい知識を取り入れることで、克服するきっかけになると嬉しいです。

チューングとは

チューイングは摂食障害ですが、周りの人に気づかれない傾向があります。

なぜなら、誰にも見られていない自室で、大量の食べ物を噛んではビニール袋やバケツなどに吐き出します。過食嘔吐のようにトイレに籠もる時間もないため、一緒に住んでいる家族でも気づかない場合がが多いようです。

チューイングは摂食障害の一つといえますが、隠すことができたり、体力的な負担が少ないため重要視されづらい側面があり、受診が遅れがちな印象です。

しかし、チューイングから過食嘔吐につながることもあります。

チューイングも根本は過食嘔吐と同じく依存症であり、「たくさん食べたいけど、太りたくない」という気持ちが根っこにあります。

チューイングによる体への影響

チューイングは、「食べたものを噛んでも飲まなければカロリーをとらずに済む」と思い、ダイエット法として行う人が増えているようです。

しかし、実際には体のさまざまな悪影響を及ぼします。

1、血糖値が上がる

食べ物を口に入れて咀嚼を繰り返すと、唾液や胃液がしっかりと分泌され、血糖値が上がりやすくなります。そして、消化のために胃酸を出したり、血糖値を下げるためにインシュリンを分泌したりします。

2、食事コントロールができなくなる

咀嚼する事で脳は「今食事をしている」って認識をしますが、胃に何も入ってこないことから「食べたのに栄養が入らない」と脳が混乱します。そして、食欲のコンントロールが効かなくなります。

そうなると、常に過食欲求に悩んだり、チューイング以外では食べ物を口にできなくなる場合もあり、摂食障害の重症化を招きます。

3、太りやすい体になる

「食べたはずのものが胃に入ってこない」ことで脳が異常を感じ、代謝機能を低下させ、食べなくても太りやすい体になってしまいます。

4、鬱症状の悪化

チューイングがやめられなくなると、自律神経が乱れ、精神的にイライラや不安、うつ症状が出ることもあります。

5、顔が大きくなる

顎に負担がかかり顎関節症になったり、唾液の分泌が盛んになることで、唾液腺が腫れ、えらがはったり、フェイスラインが変わります。

チューイングによる体への影響まとめ

・血糖値が上がる
・胃酸の過剰分泌による胃痛
・過食欲求の悪化
・拒食傾向
・顎関節症
・唾液腺のはれ⇨フェイスラインが変わる
・低代謝による体重増加
・自律神経の乱れ
・うつ症状

「食べてそのまま口に出すだけ」と思って始めると、思わぬ罠が待っています。
まずはこの事実を受け止めましょう。

チューイングの克服方法

基本的に、過食嘔吐の治療と同じです。

認知行動療法を基本とし、心の問題に向き合いながら、行動を変えていきます。
(1)チューイングを引き起こす引き金をチェックする
(2)正しい食事の知識を学ぶ
(3)チューイング以外で自分を満たすものを探す

チューイングも立派な摂食障害です。
治療をおろそかにせず、きちんと自分に向き合う時間をつくることから始めましょう。

ーーーーーーーー
▼摂食障害のブログ一覧(1日1ポチが励みになります)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
▼カウンセリングについて カウンセリング概要・料金・予約
▼Twitter(ほぼ毎日つぶやきます)
@ed_counseling

関連記事

  1. 拒食状態からの脱出方法を全解説

  2. 下剤を辞めて3ヶ月。心身の変化は?

  3. 摂食を言い訳に、問題から逃げていませんか

  4. 食べるのが怖い気持ちから抜け出す7つのヒント

  5. 摂食は個性?痩せ以外のアイデンティティを育てる

  6. 拒食回復期の5原則。過食の悩み5大質問に答えます