普通体重は太ってる?理想体重が低い

2.心を治す

今日は理想の体型と標準体重についてお話ししたいと思います。

標準体重は太い?

普通体重。実は私はいわゆるBMI22の体重って一時期経験して、それ以上ってうわまったことないんですよね。

多分、自分の心の中で「それ以上増えたくない」という気持ちがあるのと「いくら過食しても体質的にそれ以上増えない」のだと思っています。

「いくら過食しても体質的に太らない」というのは妊娠した時も1週間で体重が戻ったので、もともと代謝が高い方なのかもしれません。

「それ以上増えたくない」という気持ちに関していえば、これは私の美意識の問題で、それ以上太ると着たい洋服が着れなかったり、自分的に許せないから。

この、「自分的に許せない」という体重は、拒食症真っ只中のころは今よりもずっと低いBMI18くらいでした。

今では標準体重はすっごく痩せているようには見えないけど、太ってるようにも見えないちょうどいい体型だと思っています。

私の考え方もだいぶ寛容になったな〜って思います。そう思えるようになったのは、体型がすべてではないと思えるようになったからだと思います。

さて、今回は「許せない体重」っていうのが今回の話。

SNS界隈、理想体重が低すぎませんか?

SNSを見ていて思うのが、みなさんの理想体重が低すぎませんか?という話。

身長に関係なく目標体重が30kg台の方が多すぎるという印象。それは、その人の中で許せる体重がもともとそうだったわけではなく、SNSに書き込んでいる方が目標設定を低くしていたり実際に低体重すぎたりするのを見て負けず嫌いに火がついてしまっているように感じます。

私はSNSを否定しませんし、私自身もSNSがきっかけで克服できました。ですが、克服の足かせになるならば、情報の取捨選択をした方が結果的に自分のためになります。

痩せにこだわることで不幸になってませんか

治る定義って人それぞれだと思いますが、一言で言えば「痩せてなくても私は幸せ」と言い切れることだと思います。

現在「痩せ」を手放し、過食、体重増加、拒食期の回復期にいる方。不謹慎ながら、「拒食の頃に戻りたい」と思うこともあるかもしれません。

しかし、体重が増えても幸せになる方法はごまんとあります。

体重が全てではありません。

食べたり、痩せたりする以外に幸せを感じられる瞬間は、世の中にたくさんあります。

そういう「食」や「痩せ」以外に自分の幸せを見つけられることが、回復の近道だと思います。

しかし、それはいきなりは難しいですよね。だから、1日の中で10分でもいいから、食べ物のことを考えない時間や、自分の気持ちいな〜と思える時間を増やして欲しい。

その積み重ねが、新しい世界を広げてくれるのだと思います。

タイトルとURLをコピーしました