体験談9:タンパク質量を0.1gまで計算した

前回:体験談8:ステップあやさんとの出会い

▼拒食(27kg)

16歳4月~17歳2月 (約1年)

1日2時間の散歩

退院した後、私は過活動になった。

といっても、高校に行けなくなっていた私は

1日にやることがまったくないからだ。

朝起きて朝食を食べたら、午前中は2時間くらい散歩。

午後はネットサーフィンをして過ごし

夕飯後はテレビをずっと見ていた。

というより、午前中に2時間散歩しただけで

私の体力は限界。

夜は座っているのもつらくて(低血圧?)

寝っ転がってテレビを見ることしかできなかった。

体重は37kgで退院したにもかかわらず

30kgくらいまでどんどん減っていった。

タンパク質量まで計算し始める

掲示板でステップあやさんに出会い

カロリーがすべての迷信から

栄養バランスも考えるようになったのはいいものの

完璧主義が発動。

1日に食べる量は1200kcalに設定し

タンパク質量を体重の1.5倍の40gに設定。

(体重1kgあたりに必要な栄養量はタンパク質1.2~1.4g)

カロリーを1kcal単位で計算し

さらにタンパク質量を0.1gまで計算し始めた。

毎日食べたものをノートに書き、

食べる前にすべて計算。

肉や野菜は計りできっちりグラムを計り

栄養成分表でカロリーやタンパク質量を調べた。

少しでも基準からオーバーしそうだと

その日のメニューを変更した。

カロリーなんて、同じカロリーでも

体調によって摂取されるカロリーも

変わってくるのにね。

1日の食事

朝:フルーツとヨーグルト

昼:ささみとキャベツの蒸し物

トマトサラダ

もずくサラダ

冷奴

300kcalくらいのデザート

夜:キャベツのインスタントカレーがけ

これが定番化し、

デザート以外はほぼ毎日同じ食事だった。

この食事なら太らないって信じられたから

食事に変化をつけられなかった。

※しかしきっちり栄養バランスを考えて食べ始めたのは

食べることに前向きに向き合い始めた証拠。

結果的に過程として必要だった。

外食は2週間に1度だけ

ルーティーンの生活に色があったのは

2週間に一度の通院の日。

母との街でのランチが楽しみだった。

といっても、行けたのは「さんるーむ」という

自然食のお店だけ。

ここはすべてのメニューに

カロリーが書いてあるから行けたのだ。

もう、自分の中のルールに縛られて

イレギュラーを受け入れられなかった。

予想外のことが起こるとパニックになって

泣いて叫んで母に当たってしまうからだ。

17歳。

もっと楽しい青春時代がおくれたはずなのに

私はつまらないまったく同じ毎日を

半年間も続けた。

つづき⇨体験談10:再び27kgの悲鳴。高校留年、強迫的な毎日。

ーーーーーーーー
▼摂食障害のブログ一覧(1日1ポチが励みになります)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
▼カウンセリングについて カウンセリング概要・料金・予約
▼Twitter(ほぼ毎日つぶやきます)
@ed_counseling

関連記事

  1. 体験談24:5年ぶりの再会は成人式

  2. 体験談22:偏差値29。2年遅れの受験生

  3. 体験談39:過食気味な就活生活

  4. 体験談44:別れと新たな挑戦

  5. 体験談10:再び27kgの悲鳴。高校留年、強迫的な毎日。

  6. 体験談27:大学入学。摂食以外の子との食事