体験談8:ステップあやさんとの出会い

h.私の体験談

体験談7:出戻り入院。同室が過食嘔吐の方だった。

▼拒食(27kg)

16歳4月~17歳2月 (約1年)

退院後に出会った掲示板

2度目の退院後、

しばらくは家族とご飯を一緒に食べたが

次第に一緒の食卓につくのさえつらくなった。

というのも、病院食は1600kcalで管理されていたが

カロリーがわからない母の料理は

食べることが怖かったのだ。

「あんたが食べるなら自分で管理していいよ」

と母と約束して、自分のぶんは自分で用意するようになった。

しかし、「カロリーがすべて」と思っていた私は

1日のカロリーを例えば1200kcalと決めたら

それをすべてアイスで満たしてもいいと思っていた。

栄養バランスとかそういう知識がなかったから。

その頃の私は、家にあるパソコンで

ネットサーフィンにはまっていた。

そこで出会った摂食障害の掲示板には

毎日のように拒食や過食で悩んでいる人が投稿していた。

そこで「カロリーがすべてじゃない」ということを

実体験を元に伝え、みんなの相談にのっていた

「ステップあや」さんに出会う。

食べなくても太るという罠

彼女が基本的に書く内容は

「基礎代謝量より少ないカロリーしか取ってないのに、

痩せないばかりか、太っていく。」

「過剰な運動ばかりしているのに、痩せない。」

ということを、論理的に、

そして実体験を元に具体的に伝えてくれていた。

もうね、掲示板でステップあやさんが書いている部分を

プラインターで印刷してラインマーカーで引いたくらい

彼女の言葉は希望に溢れていた。

私もおこがましくもすがる思いで個人的にメールを送り

相談にのってもらうこともありました。

その後、あやさんはブログを開設されています。

ダイエット依存・生き辛さからラクになる『本物のダイエット』~18年の摂食障害を越えて

「カロリー摂取が怖い」「お菓子ばかり食べている」

そんな悩みなどをもつ相談者に

一つ一つ丁寧に答えられているので

まずは過去ログを読むことをオススメします。

さらに、著書を2冊出版されています。(もちろん私も持ってる!)
ステップあやの食べて痩せた!最後のダイエット

心と体が軽くなる本物のダイエット

なみに私は摂食障害に10年悩まされましたが

この1年間は症状がまったくありません。

それに伴いステップあやさんとの交流は減りましたが

私が元気に過ごしている姿を伝えることが恩返しだと思い、

あれから10年経った今でも

結婚や妊娠のタイミングで報告させていただいてます。

(その度にあたたかい言葉をいただき感謝感激)

摂食障害に悩んでいる方には

ぜひブログや本を読んで見てほしいな、という

私からの一方的な提案です。

もしよろしければ!

つづき⇨体験談9:タンパク質量を0.1gまで計算した

タイトルとURLをコピーしました