不安への対処法

仕事や人間関係、将来のことを思うと不安になったり、特に摂食障害の方は「あれを食べたら太りそうで怖い」と、つねに不安を抱えながら生活していますよね。

過食に走る原因の多くが「現実の不安から逃れるため」という方が多いと思います。その不安を少しでも解消することで過食欲求を和らげることができるとしたら、試してみたいと思いませんか?

大きく分けて2つ、「不安に向き合う」と「不安から目をそらす」方法を紹介します。

不安な気持ちを言語化する

不安な気持ちから身動きが取れなくなるときって、たいていは漠然とした不安なことが多いです。不安に向き合う余裕があれば、まずはその不安を因数分解し、言語化することで、不安へ対処することができます。

その際に、感情はいったん脇に置き、事実にだけ目を向け、自分でその事実が起きた原因を考えましょう。

また、不安になると、誰かにそれを聞いてもらいたくなりませんか?それは、不安や悩みを言語化することによって、ストレスを和らげる効果があるからです。

もし頼れる身近な人がいるのであれば、その不安な気持ちを伝えてみましょう。

不安から注意をそらす

不安への対処法のもう一つに、「不安から注意を逸らす」という方法があります。不安な気持ちが湧き上がってきた時、不安から注意を逸らすことで、ダメージを受けずに済む方法を紹介します。

不安の度合いが高い場合に有効な方法で、最低4分〜続けることをおすすめします。

1.人間関係を利用する

家族と話す
友達に電話をする
SNSに気持ちを書き出す

2.思考を利用する

本を読む
100から7をひく
足算をする
クロスワードをする
冗談を言う
ゲームをする

3.身体感覚を利用する

音楽を聞く
テレビを見る
ラジオを聴く
冷たい水を飲む

4.体の動きを利用する

腹式呼吸
体操
散歩
ガムを噛む

ーーーーーーーー
▼摂食障害のブログ一覧(1日1ポチが励みになります)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
▼カウンセリングについて カウンセリング概要・料金・予約
▼Twitter(ほぼ毎日つぶやきます)
@ed_counseling

関連記事

  1. 下剤では痩せない。乱用でまねく大腸の異常

  2. 摂食障害になると嘘がうまくなる「自分を守るための嘘」

  3. 隠れ食いを治すには?家族がいないときに食べる癖

  4. 傷ついても、本音を伝える

  5. 特急版|摂食障害克服を決めたらやる5つの覚悟・行動・質問

  6. 認知行動療法を取り入れたカウンセリング