疲れや睡眠不足からくる食欲増加

「仕事の帰宅後に爆食」

「眠気からのダラダラ食い」

これらに身に覚えがある方は多いのではないでしょうか?

今まで、過食原因は下記記事で7つの理由を上げてきましたが、本日は「疲労」「睡眠不足」が過食原因になる理由を説明します。

 

疲労・睡眠不足が過食につながる理由

ズバリ、疲労や睡眠不足が過食につながってしまう原因はホルモンの影響。

小腸に多く分布するPYYというホルモンは、食欲を抑制する働きが知られています。この記事によると、3.5時間睡眠でのPYY分泌量が、7時間睡眠と比べて有意に低くなっていました。つまり、3.5時間睡眠では食欲の抑制が効かない傾向になっていたのです。

さらに、もう一つシカゴ大学の研究によると、人間は眠い時の方が明らかに間食が増えるのだそうです。

2週間の睡眠時間制限の後では「通常は健康的な食事を摂っている人でも、間食で200キロカロリー以上多く摂取してしまう」という結果が出たそうです。しかも、間食の内容は炭水化物や糖分中心の食べ物で、ほとんどが夜7時〜朝7時の間という最悪の時間帯に摂取されていました

この実験からは、不健康な食事を避けようとする判断力も、睡眠不足によってかなり落ちてしまうこともわかりました。

また、疲労や寝不足などストレスがたまっている状態では、脳の神経伝達物質のセロトニンの分泌が少なくなり、いろいろな症状が現れ、その一つに「過食」もあげられます。

眠気・疲れから生まれる食欲を否定すると

「眠い」「だるい」という体の感覚を感じ、眠気や食欲が増すのは自然なこと。

しかし、拒食や過活動で自分をコントロールしている時は、様々な欲求を我慢しがちになります。

つまり、摂食障害の方は疲れや眠さを感じると、「休みたい」「何か食べたい」という自然な欲求をマイルールの中で否定します。

それは人間が感じる自然な欲求を我慢している状態なので、いつのまにかストレスをためてしまいます。

 

こうなると体は欲求不満になり、何かしらの形でストレスを発散させようとします。

そこで、欲求を満たす一番手軽な「食べる」という方法に意識が向きやすくなります。

そして、摂食障害の私たちは「食べることを一番ダメ」と感じているので、さらに自分をせめてストレスが発散されずに溜まり、結局過食として爆発するという悪循環に陥ります。

疲労・睡眠不足からの過食を減らす方法

時々、拒食症状が改善すると、体のだるさや眠気を感じられるようになります。

これは、マイルールが和らぎ、体の声を聞ける体制に傾き始めた証拠なので、とてもいいことです。

 

こうなると、過食に転じやすくなるのですが、過食をしないために「疲れを感じたら睡眠を多く取る」という意識に切り替えてみてください。

例えば、仕事終わりの帰宅後、夕飯を適度に食べた後に、過食欲求がきてしまうようであれば、「適度に食べたら、一度片付けて、お風呂に入って寝る体制を作る」という方法を試してみてください。

始めは過食がしたくてたまらなくなるかもしれませんが、1度これが習慣づいてしまうと、体のリズムが整うはずです。

過食は必ず理由があります。

その過食が単にストレスから誘発されたものでなく、習慣化されたものであれば、生活を工夫することで対策できます。

その他、過食を止める7つの方法は下記の記事を参考にしてみてください。

ーーーーーーーー
▼摂食障害のブログ一覧(1日1ポチが励みになります)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
▼カウンセリングについて カウンセリング概要・料金・予約
▼Twitter(ほぼ毎日つぶやきます)
@ed_counseling

関連記事

  1. 「摂食障害の不安に向き合う」水島広子

  2. 体験談20:過食嘔吐から拒食嘔吐へ

  3. 過食・嘔吐・チューイングで顔が大きくなる(写真あり)

  4. 過食が義務になっている場合、生活習慣を見直そう

  5. 過食の原因7つと、過食を減らす10の方法

  6. 相談:10年間、非嘔吐過食と絶食をくりかえす