体験談15:パン代5000円はトイレに消えた

▼過食嘔吐・チューイング(52kg)
17歳4月~19歳4月 (約2年)

パン屋めがけて都内散歩

ブログ友達がきっかけで

外にも出られるようになった私。

 

自宅から90分くらい電車に揺られ

週に1度ほど都内の街に1人で出かけた。

 

目的は美味しそうなパン屋さんに行くこと。

 

ネットで事前に調べ

街に点在するパン屋さん目当てに散歩した。

 

赤坂ー六本木ー表参道ー原宿ー渋谷とか

中野から中央線沿いを吉祥寺までとか

銀座から新宿まで歩いたこともあった~

(自慢じゃないが、都内の裏道を私はよく知っている)

毎週パンを5000円分くらい吐いた

めっちゃ有名店のパンだったので

ゆっくり味わうことができたが

すべてトイレに流れていった。

 

私がはまっていたのはベーグル。

しかしミッチミチに詰まったパンなので

吐けなくなることも多かった。

 

おかげさまで人生最大の体重をキープ。

おデブになった自分の姿を

街中のショーウィンドウで見るのもつらかった。

 

過食嘔吐は体もお金もむしばむ

ここまで親の金で過食したり

友達と遊んだりパンを購入していたため

毎日お小遣いを1000円~3000円もらっていたが

足りなくなってきた。

 

お母さんも私が吐いているのを知っていたので

お金を前ほどくれなくなっていた。

 

本当、お金をトイレに流しているのと同じ。

 

「世界には貧困でなくなっている方もいる」

「贅沢病」「汚い」など

ブログにも中傷が来るようになったけど

そんな当たり前のことを言われて治るくらい

簡単な病気ではないのだ。

 

2回目の高校2年生も留年

18歳の春。

高校の同級生がSNSに卒業式の写真を

あげているのを見た。

 

そこにいるはずだった私がいなかった。

 

痩せることだけにこだわったせいで

自分の青春時代をパーにしてしまった。

 

「これから同窓会にも呼ばれないんだな」

なんて思いながら布団の中で泣いた。

 

私は高校2年生の2回目も留年が決まり

薄々、高校にはもう戻れないと感じ始めた。

 

専門学校を卒業した姉は

一人暮らしをし始めた。

私がいる家は息苦しかったからだ。

 

これ以上家族に迷惑はかけられないと思い始め

バイトをすることを考え始めます。

ーーーーーーーー
▼摂食障害のブログ一覧(1日1ポチが励みになります)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村

▼無料メルマガ/特典プレゼント
メルマガ登録

▼個別相談/カウンセリング
カウンセリング詳細

▼卒業生の1年後
インタビュー記事

関連記事

  1. 拒食時より、回復期が苦しい理由

  2. 過活動が過食の原因になる。運動脅迫のやめ方のヒント

  3. 体験談11:私を傷つけた研修医、希望をくれた研修医。

  4. 体験談6:退院後の自殺未遂

  5. 誰にも祝ってもらえない誕生日コンプレックス

  6. 空腹と満腹がわからない場合。体の声を聞いて食べる練習法