嫉妬との付き合い方

みなさんは周りの人に対し、嫉妬することはありますか?

「うらやましい/悔しい」と思う嫉妬心は、誰でももつものです。

 

インスタグラムでアンケートをとった結果、みなさん結構、嫉妬深いようです(笑)私もですが!

嫉妬はネガティブ感情から生まれる

では、みなさんどんなことに嫉妬しているのでしょうか。

回答がこちら。

一般的に嫉妬する原因になる出来事って、恋愛や結婚、キャリアや自己実現、若さや家族関係、容姿や性格などがありますよね。

 

みなさん、めっちゃ嫉妬してますね(笑)

よく、嫉妬は「悪い感情」と捉えられがちですが、実はそうではないんですよね。

嫉妬はエリートほど感じるといわれると言われているので、嫉妬深い人はエリート気質なのだと思います(笑)

 

なぜエリートほど感じるのかというと、

嫉妬は、「実は自分自身が手に入れたいと望んでいる物」とよく言われています。

 

つまり、嫉妬は「欲しいけど手に入らない」という心の葛藤から生まれています。

そう、「今よりももっと良くなりたい」という向上心から生まれやすいんですよね。

 

しかし、嫉妬にはいい嫉妬と悪い嫉妬があります。

いい嫉妬は、単に「うらやましい」で終わるもの。

悪い嫉妬は「うらやましい」に加えて、「ネガティブ感情」がくっついているものです。

 

※ネガティブ感情とは…

無価値観(私には魅力や価値がない)、劣等感、怒り、罪悪感、嫌悪感、無力感、不安、恐れ、不信感、失敗感、競争心

 

つまり、ネガティブ感情さえなくなれば、純粋に「うらやましい」と思うだけになり、嫉妬する自分への苦しみから解放されます。

 

嫉妬には本当に欲しいものが隠れている

面白いことに、嫉妬は近い関係の人ほど強くなります。

例えば、SNSで見知らぬ女の子に彼氏ができても何も思わないのに、友達が彼氏ができるとあせりますよね。そういうことです。

 

人は手に入れたいと思わないもの、手に入らないとわかっているもの、自分にとって大切ではないものに対して嫉妬しません。

つまり、嫉妬を感じるものはあなたが欲しいものであり、なんとなく手に入りそうなものであり、大切なものであることが多いのです。

素直になれなかったり、自分の本音を認められなかったり、欲しいものを「欲しい」と言えないと、嫉妬につながります。

 

嫉妬の表れ方

(1)攻撃的になる

強い嫉妬のエネルギーは、相手を攻撃するようになります。

例えば、SNSの中傷も嫉妬の表れがほとんど。だから、攻撃を受けた側は理不尽だと感じるのも当然です。

そういう意味では、誰かを攻撃したくなったら「私はもしかしてこの人に嫉妬している?」と内省することをおすすめします。

 

そして、避難中傷を受けた方は「私は身近な人に嫉妬されている」というサインです。

理不尽に感じることもあると思いますが、よく著名人も「妬むより、妬まれろ」って言いますし、嫉妬されることは誇りに思っていいと思います。

 

(2)他人が褒められると、自分が否定されていると感じる

誰かに認められたいから、他人が褒められることを許せない、という気持ちから、誰かが誉められると自分が否定されていると感じてしまいます。

私、これめっちゃ強いです。誰かが褒められていると、自分が悪い、できていない、と思ってしまいます。

しかし、単純に自分の比較なしに評価を得ているので、自己否定と捉えなくていいんですけどね。

 

(3)自分を正当化したくなる

自分が優位であると証明したいから、自分の正しさを主張し、間接的に相手が間違っていることを主張したがります。

(1)にも通じますが、少々攻撃的な表現で自己主張をしている人を見たら「この人は誰かに対し嫉妬しているんだろうな」と思って、あたたかく見守ってあげてください。

 

嫉妬する最大の理由

さて、最後に嫉妬する最大の理由と、嫉妬に対する克服方法をお話しします。

さて、相手に嫉妬する最大の理由は

「自分軸で生きていないから」

ということです。

 

人と比べず、自分が本当に楽しいと思う過ごし方をしていれば、他人がどうであろうとあまり関係ありませんよね。

 

自分軸で生きるために必要な3ステップ

1、自分の魅力を発見する

2、自分の感情に蓋をせず、処理をする

3、嫉妬した相手へ感謝する

4、欲しい物を素直に認める

5、不完全な自分を許す

 

(1)自分の魅力(あなたが欲しい魅力)を発見するための質問

1、あなたの周りにいる人はどんな魅力を持った人か

2、あなたはどのような人に憧れますか?

3、あなたのことを愛してくれる人、大切に思ってくれている人は誰ですか?

4、あなたが幸せになったら喜んでくれる人は誰ですか?

5、過去に、あなたは誰のために何を頑張りましたか

 

(2)自分の感情に蓋をせず出し切る

嫉妬する物を全て書き出す

 

(3)嫉妬した相手へ感謝してみましょう

嫉妬は「自分が本当に望んでいるもの」の表れです。

ですので、それを知るきっかけをくれた相手に感謝しましょう。

実際伝えなくていいので、とにかく紙に書くことをおすすめします。手紙でもいいですね。

 

(4)欲しい物を素直に認める

では、嫉妬の裏で、あなたは何を欲しているのでしょうか。

欲しい物を書き出してみましょう

 

(5)不完全な自分を許す

(4)のなかで、今すぐ手に入らないこともありますよね。

また、容姿や家族のことは欲しくても限界があったりします。

 

そうなると「自分はどうせ・・・」という考えになりやすいですが、

「不完全な自分をみとめる」ということが大切です。

 

人は誰でも完璧ではありません。

それを認めて、今の自分に見合った理想を持ち、生活を目指していきましょう。

 

▼参考

 

 

ーーーーーーーー
▼摂食障害のブログ一覧(1日1ポチが励みになります)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村

▼無料メルマガ/特典プレゼント
メルマガ登録

▼個別相談/カウンセリング
カウンセリング詳細

▼卒業生の1年後
インタビュー記事

関連記事

  1. 摂食を言い訳に、問題から逃げていませんか

  2. 「〜しなければならない」MUST思考の生きづらさ

  3. 完治させる覚悟をしなければ治らない

  4. 母子癒着。罪悪感を手放し、自分を許す方法

  5. 自分を大切にするとはどういうこと?

  6. アダルトチルドレン〜親子関係のトラウマ〜