自信=優越感だと勘違いしてない?本物の自信とは?

さて、今回の話題は自分の自信の持ち方について。

本物の自信とは

よく、自信=優越感と捉えている方がいますが、それは本当の自信ではありません。

広辞苑によると、自信とは「自分の能力・価値や自分の言行の正しさなどをみずから信じること。また、その気持ち。」と定義されています。

つまり自分自身の「思い込み」です。

 

しかし多くの人は、自信の「根拠」を求めます。

この根拠となる多くの物差しが「他者からの評価」です。

成績優秀、お金持ち、才能や能力、人気、顔やスタイルが良いことなどです。

それら数々の根拠を求めた結果、摂食障害になる方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、絶対的な自信とは、周りと比較できるものではありません。

他人と比べたり、常識と比べることからは「優越感か劣等感」しか生まれません。

そして、優越感=自信だと勘違いしていると、永遠に本当の自信を手に入れることなどできませんし

劣等感を感じないために他者に勝ち続けないといけませんが、そんなことは無理な話です。

 

本物の自信がある人は、自分の内側にある自信を認識しているため、わざわざ周囲に誇示して確認する行動はしません。

一方で、自信=優越感と置き換えて考えている人に見られるのは、「自慢」といった形で自分の能力を誇示することです。

SNSで全身写真を載せている人もいますが、彼女たちは本物の自信があるわけではないかもしれません。

 

では、根拠のない自信はどうやって身につければいいのでしょうか。

脳科学者の茂木健一郎氏は、「根拠のない自信を持て。それを裏付ける努力をせよ。自信に根拠は必要ない。できるかどうかわからない。それでもやるしかない。つまり、「根拠のない自信」とは、とにかく行動するという決意表明だ。」と話しています。

根拠のない自信は、他者からどう評価されるかではなく、自分が積み上げた行動と経験からしか生まれないということです。

 

しかし、根拠のない自信なんてそう簡単に身につくものではありません。まずは自分を大切にすること。そして、下記の3つのちょっとした心がけを、日々に取り入れてみてください。

小さな自信の積み重ねが、あなたを支えてくれるようになりますよ。

1、周りと比較しない

私も自己肯定感が低いほうなので気持ちはわかります。その中で意識しているのは当たり前のことですが、周りと比較しないこと。

周りと比較して前向きになれることって、そう滅多にありません。

しかも比べてしまうのは周りの「いい出来事」ばかり切り取って、その人の全体感を見ていないはず。

結婚したり、子供を生んだりって、一見幸せな出来事だけど、当事者は実は苦しいこともあるかもしれないし、何かを犠牲にしてその幸せを手に入れているかもしれない。また、SNSにあげているのはいいところだけかもしれない。

ただ、SNSを見ているとそういう情報ばっかり入ってくると思うので、それはそれと事実として受け止め、あとは受け流してしまいましょう。

ちなみに、私も結婚して子供がいますが、独身だった頃の方が幸せだったな、と思うことは良くあります。

他人と比べてもなんの意味もありません。比べるのは過去の自分だけにしましょう。

2、できないより「できる」に目を向ける

「彼氏がいない」

「給料が低い」

「過食嘔吐しちゃった」

など、自分のネガティブな面に目を向けないで

「友達に優しくできる」

「残業頑張った」

「朝ごはん作れた」

など、できたことに目を向けましょう。ポジティブな面に目を向ける意識を日々することで、ネガティブな思考回路の癖が和らいでくるはず。

3、小さな成功体験を積み重ねる

自分が「頑張った」と思えることがあればあるほど、自信はついてくるものだと思います。

その頑張った、というのは小さなことでいいんです。

小さな成功体験を積み重ねることで、大きな自信ができあがっていくのです。

小さな成功体験を積み重ねるには、目標のハードルを下げること。

例えば、「会社でMVPをとる」というのはハードルが高いですよね。でも、「今週の仕事は納期の1日前に終わらせる」など、目標は実現可能なラインに設定し、その自分が決めた約束を守ると、大きな達成感を得られると思います。

以上、3つの方法を紹介しました。これくらい小さな心がけだったら、できそうな気がしませんか?

 

 

 

ーーーーーーーー
▼摂食障害のブログ一覧(1日1ポチが励みになります)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
▼カウンセリングについて カウンセリング概要・料金・予約
▼Twitter(ほぼ毎日つぶやきます)
@ed_counseling

関連記事

  1. 「この仕事は自分しかできない」というのは幻想

  2. 痩せている=おしゃれ、ではない

  3. 完治させる覚悟をしなければ治らない

  4. 痩せているのにぽっこりお腹(写真あり)

  5. 摂食は個性?痩せ以外のアイデンティティを育てる

  6. 「〜しなければならない」MUST思考の生きづらさ