回復期の体重増加が止まらない。太りやすい体質になった?

【質問】回復期の体重増加が止まらない。回復後は、太りづらくなる?

Instagramでゲリラ的に当事者の質問を集めています。
インスタのストーリーかYouTubeで抽選で解答していくので
よかったらご覧ください。

今回の質問は「間食をたくさんしてても学校の子たちはそんなに太ってないです。なのに、私は体重もお腹の肉も増すばかり。間食などをしても太りにくい体になる日は来るのでしょうか?」という相談です。

【回答】代謝機能が整えば、太りづらくなるのは可能

ご相談ありがとうございます。

私も、痩せているのに間食をたくさんしている友達を見て、なぜ彼女たちはそれが叶うのか不思議でたまりませんでした。

しかし、思い返してみてください。

あなたの体重を私はわからないから推測でしかありませんが、あなたも摂食障害になる前は、好きなものを好きなだけ食べても、標準体重(BMI25)を大幅に超えることはなかったのではないでしょうか。

まず、一つ言えることは、大幅に体重を落とし、食事制限をして低体重である期間が長かった方は「代謝機能がにぶり、体が飢餓状態の防衛反応から、省エネ体質になっている」可能性が高いと言うことです。

つまり、体が省エネモードになると、代謝機能が整っている人と同じカロリーを食べても、太りやすいんですよね。

でも、これはダイエットの代償なので、仕方ないことでもあります。

 

しかし、健康体になれば代謝機能は必ず整い、食べても太らない体質になります。

そのために必要なことは3つ。

【1】食事制限をやめ、必要なエネルギー摂取ができる

【2】空腹と満腹の感覚に従って食事をとれるようになる

【3】生理が復活し、ホルモンバランスが整う

この3つが達成できれば、省エネ体質が緩和され、食べても太りづらくなる体質に傾くと思われます。

特に大切なのはホルモンバランスが整うことで、そのためには今抱えている食事や勉強、人間関係のストレスを軽減させる必要があるでしょう。

 

とはいえ、まわりの友達とどうしても比較してしまい苦しいですよね。

ただ、彼女たちは細いかもしれませんが、それが彼女たちにとっての健康体です。

 

そして、その健康体は、BMIで言えば22と言われていますが、その数字は人それぞれ違います。
つまりBMI17で健康体な人もいれば、25の人もいます。

だから、まずはあなた自身の健康体を目指しましょう。

 

そして、代謝機能が整うまでは、ある程度の体重増加を許していきましょう。
それはBMIが22を超えることがあるかもしれませんが、今は必要なことなのだと受け入れていけるといいな。

 

私自身、あまり食べていないのに体重が増え続け、BMI22を超えてしまうことがありました。

しかし、今思えば、その頃ってマイルールで食事の差別をしていたし、拒食と過食過食嘔吐を繰り返し、体と心が飢餓状態になっていました。

少しずつ食事を一定量とり、差別もなくし、食事以外のことで生活を楽しめるようになると、気付いたら2000〜2500kcalくらい食べても太りづらい体になり、つねにBMIは20くらいです。逆に言うとそこから体重が大きく減ることもありません。

BMI20という数字にすると太っていると感じられるかもしれませんが、周りは私のことを小柄だと言います。

今も妊娠中で、割と好き放題食べていますが、普通10kgくらい増えてもいいところを、私は5kgしか太れず、お医者様にもっと食べろと言われるくらい代謝は良い方です。

きっと相談者さんは、今は増え続ける体重に苦しむことが多いと思いますが、代謝機能は元に戻るし、健康体になれば代謝機能を高めることもできます。

そのために、体型を受け入れられるような心のケアを行いながら、今はまずは健康体への回復を目指していけることを願ってます。。

 

ーーーーーーーー
▼摂食障害のブログ一覧(1日1ポチが励みになります)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村

▼無料メルマガ/特典プレゼント
メルマガ登録

▼個別相談/カウンセリング
カウンセリング詳細

▼卒業生の1年後
インタビュー記事

関連記事

  1. 入院の基準。退院後が本当の勝負?

  2. 「やりたいことがわからない人」の特徴と解消方法

  3. 細いね、と言われると太ることが怖くなる心理

  4. 痩せたいわけではないのに、食事が増やせない

  5. 現実逃避としての過食

  6. ガリガリが好まれるわけではない