イライラの対処法

1.摂食障害を知る

すべての「イライラ」を根っこから絶ち切る本  水島広子

さて、摂食障害の方って、「イライラ」している方が多いと思います。それが悪いことというのではなく、ある意味、病気の特徴でもあると感じています。

というのも、摂食障害の方は「相手をコントロールしたい」と思っていたり、「マイルール」に従って生きるために、相手にも色々と求めてしまう(しかし、相手が思い通りに行動しないことが多く、さらにイライラする)傾向があるからです。

例えば、「一人で食事をとりたいのに、家族がリビングにいる」「スーパーではできるだけ値引きされた商品を買いたいのに、今日はまだ値引きされない」「吐きたいのに、うまく吐けない」っていう時、イライラしてませんか?

その対処法のヒントとなる本があるので紹介するね。

「すべての「イライラ」を根っこから絶ち切る本  水島広子」

書いてあった内容を簡単にまとめたので、よろしければ参考になさってください。

イライラの特徴

  • イライラは我慢すると膨張する
  • イライラし続けると、イラっとするセンサーに敏感になる
  • イライラ=自分が困っている証拠
  • イライラは被害者の感情

イライラする時はこんな時

  • 現実を受け入れられない時
  • 自分の思い通りにならない時
  • 「なんで?」という思考が続く時
  • 自分の領域を侵害される
  • イライラする自分にイライラ
  • 完璧主義=完璧にできるべき

不安

不安が強いと「べき」がきつくなリマス

疲れ

許容することもコントロールすることも不能

やるべきことをやってない人に対して

本来あるべき姿は人によって異なるということを理解する

イライラを減らすには

  • 出口のないイライラの先に、自分は何を期待しているのかを考える
  • 現実はこうあるべきではない、とイライラしても傷つくのは自分であると知る
  • 相手を責めるのではなく、「助けてほしい」とお願いする
  • 自分は何に困っているかを明確にする
  • どんなことも「必然である」と思う
  • 相手にも何かしらの事情があると思う
  • 期待が相手にあったものか考え直す
  • 相手に合わせた伝え方をする
  • イライラは過去と未来にしか存在しないので、今に集中する
  • 被害者モーードで過去を思い出さない
  • 「許せない」イライラは百害あって一利なし
  • 「べき」よりも「したい」を大切にする
  • ゆとりを持つ=一瞬でも自分の時間を作る

また、少しずつ余裕が出てきたら、自分の中のルールや規則を押し付けることなく、他人の考え方を受け入れるという寛容さも身に付けたいですよね。人によって「価値観が違う」ということを理解し、自分の価値観を相手に求めないことも大切です。

また、時には一旦相手の意見に従う方が上手くいくケースもあります。自分が妥協できる時は、相手に流されてみることも、一つの方法ですよ。

怒りのピークは6秒

私ももちろんイライラします。私はイライラして相手にあたりそうになったら、「相手に伝えたいことをメモ帳に書き出す」というルールを自分に課しています。

というのも、怒りが生じたとき、その怒りのピークは「6秒」と言われています。その6秒をやり過ごすために取り入れたのがこの方法。それでも怒りが収まらない時は、掃除をしたり、ひらすら散歩してみたり、強制的に動いてみるのもいいですよね。

タイトルとURLをコピーしました