頭ではなく、体の声を聞いて食べよう

3.食事で治す

摂食障害を長年していると、「お腹が空いたから食べる」という、自然な食欲に任せて食べることが苦手になります。それは、「頭」で食べるようになってしまったから。

「これは●カロリー」「これは炭水化物だから食べちゃダメ」などといった、食べ物を太るか太らないかで選ぶようになっています。

しかし、摂食障害を克服したと思えるには、食べたいものを、食べたい時に、食べたいだけ食べて、純粋に楽しんで食事の時間を過ごしたいですよね。

そこで必要になってくるのが「体の声を聞いて食べる」ということ。

長年のダイエットが本来の食欲の感覚をなくす

本来、摂食障害でなければ、お腹が空いたら好きなものを食べて、お腹がいっぱいになったらごちそうさまをする。

しかし、ダイエットを長年やっていると、自然に湧き上がる食欲を我慢したり、頭の中でカロリー計算をする。このように食べる量をコントロールしてきた人は、普通の食欲の感覚がなくなってしまいます。

その期間が長ければ長いほど、意思が強ければ強いほど、頭で食べる感覚が身についてしまい、体の声を聞いて食べることが難しくなっています。

その状態では空腹も満腹も感じませんよね。

普通の食欲の感覚を取り戻すためには、飢餓状態をなくし、定期的に栄養を体に与え、体の省エネモードをといてあげること。ですので、トレーニングだと思って、1日3回栄養を取り入れる練習が一番。

▼参考記事

その上で大切なのが、「体の声を聞く」ということ。

次に、体の声を聞く方法をまとめました。

体の声を聞くトレーニング方法

特に過食期は3食食べても満たされずに、次々に食べ物を口に運んでしまいますよね。そんな時に試して欲しいのが、「体の声を聞く」こと。

一体どういうことか、まずは体の声を聞くトレーニングをしましょう。

  1. 食事を食べ終わって、例えばデザートにヨーグルトを1個食べる
  2. 一個食べ終わって、もう一つ食べたいような気がする
  3. 「まだ食べたい?」「もう一個食べたい?」と体に聞く
  4. もし「食べたい」という声が聞こえた気がしたら
  5. もう一個を10分かけてしっかり味わって食べる
  6. 食べ終わったらもう一度「もっと食べたい?」と聞く

これを繰り返しをします。

初めのうちは、体の声がわからなくて、「食べたい気がするかもしれないから食べる」という感覚でもいいと思います。

多分、いきなり声なんてわからないから。

ただ、このトレーニングをしていると「これは自分が本当に食べたいものじゃない」「ヨーグルトじゃなくてチョコが食べたい」という声がわかるようになってきます。

そしたら、「ヨーグルトは我慢して、明日チョコを買いに行こう。」と、その日の過食を回避できるようになったりします。

地道だけど、その積み重ねで、本当の食欲を感じられるようになります。

私も、8年くらい頭で食べる生活をしていたので、食欲って感覚がよくわからなかったのですが、今では空腹の時はがっつり食べるし、目の前に好きなものがあっても、お腹いっぱいだったらごちそうさまができます。

体の声を聞くトレーニングと、自分自身に向き合うカウンセリングを重ねることで、過食は必ず治ります。

毎日、自分の体に問いかけることから、はじめてみませんか?

タイトルとURLをコピーしました