主治医がアドバイスをしないことはいいこと?

f.カウンセリング

行動を指示しない医者が良い医者?

私は10年間心療内科に通っていました。初めは3件くらい転々とし、やっと出会えた先生のところで入院。3回入退院を繰り返し、その後8年は1~2週間おきの通院でした。

私の先生は診察のたびに「〜しなさい」と、私の自習の通院までにしたほうがいい行動に関して、まったく指示しませんでした。つまり、自分で考えて行動することを余儀なくされました。いつも現場報告ばかりで、それがとっても物足りなくて、「何で先生は治すための道筋を教えてくれないんだ」と思いました。

でも、今思うと、それが良い治療法なんだとも思うんだよね。

つまりそれは、自分が摂食障害を克服した時に「自分の力で治った」と実感できたから。先生がもし「高校に復帰しなさい」「バイトをやめなさい」「ご飯を100kcal増やしなさい」などと指示をし、その通りに私が実行していたら、完治した時に「克服できたのは先生のおかげだ」と先生に感謝するでしょう。つまり「自分が頑張って治した」という達成感や納得感を感じにくくなる。

確かに克服できたのは周りの力もありましたが、「自分の意思で治った」と思えたことで、「自分の意思決定が間違ってなかった」と、自分を信じるということの意味を実感できました。

治らないことを先生のせいにしていませんか?

逆に先生が具体的に指示してくれる場合、もしその行動の通りに行ったら「先生のおかげ!」とポジティブに考えることができるかもしれませんが、もしその行動をしてみてもうまくいかなかった時に「先生のせいだ!」になってしまいます。つまり、成功しても失敗しても「先生の責任」になります。これではいつまでだっても自分の可能性を信じることができません。

治すための行動の選択肢を提示し、一緒に行動決定をします

ただ、私のカウンセリングに関して言うと、行動を促すこともします。私が受けてきたカウンセリングに物足りなさを感じ、なんのために通院しているのかわからなくなることが多々あったからです。

私のカウンセリングでは、様々な行動の選択肢を提示しながら、クライアントさんが自分自身で意思決定できるまでを導くことを大切にしています。つまり、一緒にこれからの行動を決めます。「あかねさんに言われたからやる」ではなくて「自分で決めたからやる」と思って行動し、何かできた時に「自分の力でできた」と達成感を感じて自分の可能性を信じられるようになって欲しい。

ちなみにどのような選択肢を提示するかと言うと….

▼食事
・炭水化物を3食食べる、朝はグラノーラでも
・スーパーに行って、一番食べたいものをまず初めに選ぶ

▼運動
・30分ウォーキングをやめてみる
・リラックスできるヨガを取り入れる

▼生活
・お母さんに本を渡して読んでもらう
・お父さんに今まで言えなかったことを手紙で伝えてみる

あなたにあった方法で、カウンセリングを設計していきましょうね。

詳細は

自己決定に関する参考記事

タイトルとURLをコピーしました