摂食障害オンラインカウンセリング概要

LINEを使用した摂食障害のオンラインカウンセリングの内容、プラン、ご予約についてご案内します。

オンラインカウンセリングのメリット

365日。好きな時間に、好きな場所から。
学校や仕事、育児に合わせた時間設定が可能です。自分の姿を見られたくない方でも大丈夫。LINE通話・LINEメッセージを利用するので、ノーメイクでカウンセリングが受けられます。また、海外在住の方からの相談も受けています(実績:台湾、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ブラジル、イタリアなど)
 
【対面カウンセリングとの違い】
  • 知り合いに見られる可能性がない
  • 身だしなみを整える必要がない
  • 仕事に合わせ、平日日中に時間をつくる必要がない
  • 通院にかかる時間・交通費の削減
  • 料金が手頃
【精神科や心療内科との違い】
カウンセラーは医師ではないため、下記3点は行うことができません
  • 医師による診断は行えない
  • 薬の処方ができない
  • 保険適用外
医師は医学を基本とするのに対し、カウンセラーは心理学を基本とします。精神科の通院は、診察が平均5分程度と短く、投薬が基本となることが多いです。一方、通話カウンセリングでは一回50分(メッセージの場合は1週間)たっぷり時間をとることができるので、心の悩みを深く話し、解決策までの具体的な提案ができます。

オンラインカウンセリングの概要

・使用ツール:LINE通話・メッセージ
・対象:当事者・ご家族・ご友人様(男女問いません)
・相談内容:摂食障害の症状、食事指導、人間関係、妊娠出産、育児、キャリア
・カウンセラー:あかね

摂食障害は、いつか治る病気です。ただ、何も対処をしなければいつまでも治らない病気です。

当カウンセリングでは、あなたの抱えている問題を整理し、認知行動療法を取り入れた実践的な問題解決をします。

摂食障害は、「食の病」ではなく、「不安の病」とも言えます。カウンセリングの目指すべきところは、自分の本心に気づくこと。それに従って生きられるように環境を整えること。そうすることで、不安は解消され、摂食障害の症状が緩和します。

私の役目は3つあります。1つ目は「本音の発掘」。回復のヒントはすでに当事者の心の中にあります。その本音を知ること、その本音を発掘するために自分に向き合うことが第一段階になります。

2つ目はその本音に従って生きるための「選択肢の提供」。摂食障害において「この道が正しい」「こうすれば治る」なんてことは何一つ言えないからこそ、カウンセリングでは、あなたに合った選択肢を同じ目線の一歩先から一緒に考えます。

3つ目は「食事の提案」。間違ったダイエット情報で縛られた生活を少しずつ紐解いていきます。そして、本物の食欲に従って食べられるように食改善を伴走します。

カウンセリングの一番最初の壁は、痩せたい気持ちの裏に隠れた「本音」に気づくこと。カウンセラーとして、そして1人の人間として、あなたと対話したいと考えています。(もちろん趣味の話、雑談もウェルカム!

 

ストレスの現れが、摂食障害の症状。つまり、症状をなくすためには、あなたにとって何がストレスになっているかを見つけ、その解決が、摂食障害の根本的解決につながります。

ストレスによる不調から解決までの流れの中でカウンセリングを利用すると、克服までのスピードが早くなります。

選べる2つのコース

通話コース|1回50分 7,700円/4週30,000円(税込)
LINE通話を利用してのカウンセリング。

▼内容例
症状を緩和し、卒業を目指すのであれば、週1回or隔週で4回以上の継続をおすすめしています。

●第1回:「事前ヒアリング」「話す」「整理する」(必要があれば診断シート作成)
●第2回:「自分を知る」「目標設定」
●第3回:「解決プランの作成」
●第4回〜:抱えている問題それぞれに対しての「実行」と「フォローアップ」を繰り返し「卒業」を目指します

 

メッセージコース|1週間 6,600円/4週間25,000円(税込)

1日1往復、LINEメッセージで相談ができるのコース。週5日LINEで毎日の食事アドバイスと、抱えている悩みを相談いただけます。「毎日の食事アドバイスが欲しい」「話すことに緊張してしまう方」「文字に起こして整理したい方」「時間に縛られずに相談したい方」にオススメです。

▼内容
・継続期間の平日、毎日LINEメッセージで相談 (土日休)
・毎日の食事指導・雑談・日々の小さな不安をその日に解決します
・終了時、卒業プランを作成

※もちろん1回限りもOK
※支払い方法:銀行振込(PayPay銀行)
※オプション:対面カウンセリング

カウンセリングの申し込み

1. 簡単な申し込みフォームorLINEから「カウンセリング希望」とお送りください
2. LINEかメールにて日程調整
3. 事前ヒアリングシート記入
4. カウンセリング料金のお振込・確認
5. カウンセリングの開始

カウンセリングの様子

Yさん 17歳 女性(通話コース)

▼プロフィールと経過
拒食と過食を繰り返し1年間不登校になった時からカウンセリングをスタート。現在、月に2度のペースで相談。症状が和らぎ高校を中退を決断。高校卒業資格認定試験の合格に向けて勉強をし始めている。

Sさん 30歳 女性(利用コース:通話コース)

▼プロフィールと経過
Twitterの投稿からカウンセリングに出会う。10年以上、過食嘔吐が常習化。平日は会社に通えているが、上司と折り合いがつかずストレスになっている。隔週でカウンセリングをし、毎日過食嘔吐をしていたのが、週末だけに減った。現在、月に1度まで減らすことを目標にしている。

Aさん 25歳 女性(メッセージコース)

▼プロフィールと経過
電話が苦手なので、メセージコースで毎日LINEでメッセージをしている。マイルールの厳しい制限型の拒食で悩み、仕事も体力低下で休職を考えている。途中、お母さまに私からLINEで娘さんの病状を伝えることもありました。

カウンセリング卒業生の声

▼通話/20代女性から

▼通話/20代の息子さんのお母様から

▼通話/30代OLさん

▼メッセージ/娘さんのお母様

▼メッセージ/10代の娘さん

▼メッセージ/40代女医さん

▼メッセージ/30代女性

▼メッセージ/30代女性

▼メッセージ/20代女性

▼通話/30代女性

※価格は税込価格
※キャンセルは3日前までは無料、前日と当日キャンセルは100%
※カウンセリングに関する質問はLINEよりお問い合わせください
※価格は予告なく変更する場合があります

あなたにあったサポート方法を一緒に考えましょう。

ーーーーーーーー
▼摂食障害のブログ一覧(1日1ポチが励みになります)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
▼カウンセリングについて カウンセリング概要・料金・予約
▼Twitter(ほぼ毎日つぶやきます)
@ed_counseling

関連記事

  1. vol.22:友人に甘えるのも治療の一つ

  2. vol.11:復職を許可しない主治医

  3. vol.7:凸凹を繰り返して克服へ向かう

  4. vol.5:一人でお酒を飲むのを辞める

  5. vol.19:白いご飯が食べたくない

  6. vol.3:先取り不安をやめ、いいイメージをして一歩ふみだす