病気と診断されたら、治す義務がある

摂食障害の治療をするにあたって、医学モデルという考え方は有効だと私は思っています。医学モデルというのは、「摂食障害=病気」という概念を用いることで、病気であるために免除されることがあると同時に、病気から治るための義務が生じるという考え方。

水島広子先生の「拒食症・過食症を対人関係療法で治す」には下記のように書かれています。

ここでの治療は、「任せておけば治る」というようなものではありません。 あなた自身の問題なのですから、あなた自身が最も努力しなければなりません。努力すればするほど治療効果の上がる治療法だと考えて下さい。 ただし、「努力」と言っても、それは「過食をがまんする」とか「意思を強く持つ」というようなことではありません。 努力するのは、 ○自分のまわりの状況(特に、対人関係に関するもの)に変化を起こすよう試みる。 ○自分の気持ちをよくふり返り、言葉にしてみる。 という二点で十分でしょう。 私たちは、あなたの努力を手伝っていくということになります。 面接は、努力の仕方について検討したり、計画を立てたりする場所だと考えておいて下さい。

つまり、「病者の役割」が与えられることによって、通常の社会的義務である労働などがある程度免除されると同時に、患者として治療する義務が生じます。これにより、会社を休んで治療することへの罪悪感が減り、治療がスムーズに進みます。

詳しくは、下記の本をお読みください。この本は、ぜひご家族で読んでいただきたいです。

▼摂食障害のブログ一覧(1日1ポチが励みになります)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
▼Twitter(ほぼ毎日つぶやきます)
@ed_counseling

関連記事

  1. 「摂食障害の不安に向き合う」水島広子

  2. 自撮りする?SNSに載せる?調査の結果

  3. 繊細すぎる気質「HSP」と摂食障害

  4. 劣等感は捨てなくていい、自分の不完全さを認める

  5. イライラの対処法

  6. 自分で決断することを避けていませんか?自己決定が幸福をつくる