過活動が過食の原因になる

過活動

摂食障害には様々な症状がありますが、その中で「過活動」があります。

症状としては、「常に立っていたり、座っていられない」「悪天候にもかかわらず脅迫的に運動をする」「行き過ぎた厳しい運動メニューを組んで実践する」など。

過活動に陥る人の傾向

こちらの記事にも書いたけれど、過活動に走ってしまう方は、今までの相談から考えると、「拒食」の方、「非嘔吐過食」の方が多い傾向にあります。

拒食の方は、「とにかくカロリーを消費させたい。」

非嘔吐過食の方は「過食したぶんをチャラにしたい」という意思があります。

面白いことに、嘔吐できる方の中で過活動する方はあまり多くありません。「嘔吐することでチャラにできる」と思っているからでしょう。

しかし、過活動や嘔吐は過食を生むだけという事実をご存知ですか?それをこれからご説明します。

私の過去の過活動

  • 雨の日も猛暑の日も1日2時間のウォーキングする
  • 腹筋を1日100回する
  • 新幹線の長時間移動(3時間)座っていられない

私はこれくらい緩かったのですが、拒食の時は過活動気味でした。しかし、非嘔吐過食に移行し、初めのうちは運動に励んでいたのですが、「過活動が過食を招いている」という理論を見つけます。

過活動を辞めれられた理由

過活動が過食を招いている

という理論をステップあやさんのサイトを見て知り、もしかしたら私の過食も過活動が原因なのかもしれないと思い、少しずつ運動を減らすことができました。

その考え方によると、

  1. 過活動
  2. 必要以上のエネルギーが消費される
  3. 脳が体に省エネモード発令
  4. 過食

という状態に陥っているというものでした。

体は運動で消費したぶんのエネルギーを貯めようと省エネモードになり、異常な眠気を感じたり、摂取エネルギーを増やすために過食になります。

この状態を脱するには、必要な量を食べて、運動も適量に減らすこと。

飢餓で脳が省エネモードの指令を出してるので、栄養を与えて、それを解除してあげることが先決です。

食事の参考記事

その他、過活動が過食を招く理由を理解する以外に過活動をやめるきっかけは、

  • 過活動による体力の限界を感じる
  • 運動する時間の確保ができない
  • 日常生活に支障が出る(座ることが困難なため)
  • 自分自身に向き合い、痩せ以外のアイデンティティを見つける
  • 通院やカウンセリングをうける

摂食障害は、痩せることを最優先にした結果、日常生活に支障が出る病気です。行き過ぎた運動を脅迫的に行うことも、摂食障害の一種ということを理解し、徐々にやめていく工夫をしてみましょう。

運動の減らし方

1日10分ずつ減らす

私の場合は運動を1日10分ずつ減らしていきました。1日単位が怖いのであれば1週間単位でもいいと思います。

例えば、1日60分走っているのなら、

今週は50分にする
⇨体重変わらないと実感

翌週は40分にする
⇨体重変わらないと実感

といったような形で、運動を10分少なくしたからといって、体重が急激に増えないことを実感しながら減らしていくと負担がないでしょう。

現在、私は1日1600kcal〜2000kcalくらい食べ、ほぼ家で過ごす生活をしてますが太りませんよ。それくらい、人って運動しないからってぶくぶく太るものではありません。

運動を頑張る自分=誇りをやめよう

他の人と比べて頑張っていること=運動が、自分の誇り」という相談者の方がいました。

確かに、拒食のころは、周りと比べて痩せていることが優越感で、それが自分の価値として自信になっている方も多いはず。(しかし、これはかりそめの自分)

しかし、拒食体型ではなくなった時、自分の内面であったり、他のスキルで誇れるものがないと、なかなか摂食障害を手放すことができません。

ここで、運動を自分の努力の証にしてしまうのも、摂食障害を克服する壁になってきますよね。

もし、自分は周りの人よりも頑張っているという実感が欲しいだけで運動をしているのならば、私はとっととやめていいと思います。

運動をして目指したい目標があるのなら別ですが、他の人と比べて優越感が欲しいだけというのは、ちょっと寂しい考え方。そして、確かに運動してきれいな体をしているあなたを、周りは羨望の目で見るかもしれませんが、それは一瞬。誰も運動して疲弊しているあなたになりたいとは思わないでしょう。

過活動=自傷行為

また、過活動は自傷行為のようなもの。そうしなきゃ生きている価値を感じられなかったり、苦しんでる自分にしか魅力を感じなくなっているのかもしれません。

そんなに苦しい思いをしてまで運動ができるのであれば、そのエネルギーを他のものに向けてみると、ものすごいスキルが身についたり何かを発揮できたりできるはず。

それを見つけて、それを誇りにして欲しい。

普通の人でも「とりえ」を見つけるのは大変なので、熱中できるものを探すのは、なかなかストレスを感じることだと思います。

でも一度、その頑張って努力して身につけたスキルが、自分の自信になるものだと気づけば、それは一生ものの価値です。

運動の10分を、他の何かをする習慣にしよう

運動はもうやめましょう。

その時間を使って自分の好奇心をかきたてて、熱中できるものを探してみませんか?

1日10分でもいい。本屋で雑誌を立ち読みしてみたり、ネットで誰かのインタビュー読んだり、自分の知らない世界に触れてみてください。

世の中、運動以外にあなたを魅力的にすることは、たくさんあると気づくはずです。

しかし、趣味を始めることってエネルギーを消耗するもの。絵を描いたり、ダンスをしたりするような、自分から動かなければいけないものより、映画を見たり、本を読んだりするような受動的なものから始めてみることをおすすめします。

昨日と同じ今日を過ごしていては、何も変わりません。1日5分でもいいので、運動を短くできるといいですね。

タイトルとURLをコピーしました