すべてを「摂食障害」のせいにしていませんか

ご家族向け

こんにちは。今日は摂食障害とモラルについて考えてみたいと思います。

というのも、摂食障害のお子様をもつお母様からこんな相談をいただきました。

摂食障害という理由でなんでも許すべき?

娘が過食嘔吐をし始めてから、不潔になったように感じます。吐いたらトイレやお風呂は汚いまま。本人は「病気だから」と開き直って、いくら注意しても改善してくれません。

とほほ・・・実は私も母親から同じようなことをなんども注意されていました。気をつけていても、吐いた後にトイレ掃除が行き届いていなかったり、お風呂で吐いてしまって臭いがこもってしまったり。家族には大変迷惑をかけました。

正直、摂食障害になると「食べ物のことで頭がいっぱい」「痩せることが最優先、それ以外はどうでもいい」という思考になります。これは病気の症状でもあるのでご家族には特に理解してもらいたい。

ただ、何でもかんでも「摂食障害だから許すべき」とは思いません。それは本人にとってもよくないし、病気がよくなるわけでもないからです。

ですので、ご家族の方には適切な「伝え方」と、「約束」をしていただくように伝えています。

適切な伝え方と約束

では、適切な「伝え方」とはどのようなものでしょうか。

私がオススメしているのは、ご本人の気持ちに寄り添って受け止め、その後にご家族の方の要望を伝えましょう。

例えば、トイレで吐いた後に掃除が行き届いていない場合、

何か嫌なことがあったかな?苦しかったね。(できたら抱きしめてあげたり、苦しかったことを聞いてみてください)

吐くことはしかたないと思う。吐いてしまうことは悲しいけど、それだけ苦しいってことだもんね。ただ、吐いた後はお掃除しようか。

というふうに、吐くことと掃除することは切り分けてつたえてほしいです。

つまり、「吐くことを辞めさせる」のではなく、「吐いた後に掃除することをお願いする」ことがいいでしょう。

そして、「掃除すること」だけは約束してもいいと思います。ただ、その約束は完璧に守られない可能性もあります。(例えば、本人は掃除したつもりでも、行き届いていないことはあると思います。)

その場合は、「苦しいのに、掃除してくれたんだね。ありがとう。もう少し〜の部分もしてくれたら嬉しいな」というように、責めずに伝えてあげましょう。

社会的なモラルは守る

先ほども書きましたが、摂食障害は「食べることと痩せること」で頭がいっぱいになる病気。

だから、「社会的にあれ?」と思われる行動をしてしまうこともあるでしょう。

たとえば、

食べ放題のお店でトイレを占領

運転中に過食

過食材を万引き(これは犯罪)

これらは「摂食障害」であるならば、許されるものなのでしょうか?私はモラル違反だと考えています。

それくらい、「痩せたい」と「コントロール不能な食欲」と戦っているのもわかります。そういう病気だということもわかります。私自身、過去に同じようなことをしました。

ただ、これらは「過食をしすぎて学校に行けない」というようなものではなく、「あきらかに誰かに迷惑をかける」、モラルに反した行動だと思うんですよね。

「摂食障害だからなんでも許される」というのは違うと思います。もし、お子様がこのような行動をしているのであれば、治す手助けをしてあげてほしい。

ただ、こういう場合は「悪いことだと思っていない」「悪いことだと思っているけれど、病気だから仕方ないじゃん?」と思っている当事者さんもいるので、医療機関やカウンセラーを通して、伝える方が適切に伝えられるでしょう。また、当事者の方であれば、自制する練習を一緒にしませんか。

タイトルとURLをコピーしました