冬の方が痩せやすい

「夏は汗をいっぱいかいて痩せやすい」「冬は動きが鈍るから太りやすい」と思いこんでいませんか?今回は季節による痩せやすさの話。

ちなみに、痩せを推奨しているのではなく、現在拒食などで低体重の方に対しての警鐘です。冬になる前に、痩せすぎの状態から脱することができると一安心なのですが。

冬は基礎代謝が上がる

人は体温を36度前後に維持するためにカロリーを消費しています。

そして、夏よりも気温が下がる冬は、体温を上げようと基礎代謝が高くなります。

つまり、夏よりも冬のほうが基礎代謝が高く、脂肪が燃焼しやすいのです。

夏の方が痩せやすく感じる錯覚

しかし、夏の方が痩せやすい気がするのはなぜか?

それは汗として「水分」が体外に出て行くから。夏に体重が減るのは、体の水分量が低下するからなんですよね。

でも、ダイエッターが減らしたいのは「体脂肪」。だから痩せたいなら冬が絶好のチャンスなんです。逆にいうと、現在低体重の方はさらに痩せやすくなるので、注意が必要です。(拒食真っ只中の方はラッキーと思われるかもしれませんが)

冬が太りやすいと思うのは習慣のせい

1:イベントが重なる

クリスマス、お正月、冬休みでだらだら。年末年始って必要以上にカロリーを摂取してしまいがち。

だから太ると感じる人が多くなるんですよね。

2:寒くて運動しづらい

体を動かすのが好きな人でも寒い中の運動は億劫なもの。そのため、カロリー消費の機会が激減するため、太る人が出てきてしまうようです。

3:重ね着で体型が隠せる安心感

夏と違って厚着になるため、体型が崩れても周りにバレにくいもの。

だからこそ、油断してしまいがちですよね。私も夏よりも冬の方が体重が重くなります(笑)

低体重の方は冬に注意

入院の基準は、夏季は標準体重のマイナス40%以下、冬季はマイナス30%以下で、早期入院治療の必要性があります(標準体重はBMI22)。

低体重でいることも、長生きを望まないことも自由ですが、現実に危機感を持つことも大切です。

「太るくらいなら死にたい」と感じるかもしれませんが、それは病気の声であって、あなたの本来の声ではありません。本当に、命だけは、守って欲しいところです。

冬はダイエッターには嬉しいですが、命の危険がある低体重の方は注意してくださいね。

ーーーーーーーー
▼摂食障害のブログ一覧(1日1ポチが励みになります)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村

▼カウンセリングについて
カウンセリング概要・料金・予約

▼Twitter(ほぼ毎日つぶやきます)
@ed_counseling

関連記事

  1. 体験談23:拒食+計画的過食嘔吐

  2. 空腹や満腹を感じなくなったら

  3. 体験談3:27kg。病院3件をたらい回し

  4. 体重計は誤差があるもの

  5. 体験談20:過食嘔吐から拒食嘔吐へ

  6. 低体重、寒さがストレス