相談:家族に隠れて過食嘔吐してしまう

f.カウンセリング

今回の相談者 アオさん(24歳)

(1)状況整理

・仕事 

福祉関係、週休2日

仕事は嫌だな、と思うことはあまりない。

いい具合に使命感もあ理、やりがいも感じている。

人間現関係もいい。

・摂食障害の経歴

昨年、2週間に1度くらいお腹がいっぱいになりすぎるまで過食することがあり、普通に気持ち悪くなり自然と嘔吐したくなり、手を突っ込んでしまったら吐けてしまった。

それ以来、過食嘔吐をするようになってしまったが、昨年末ごろから3週間くらい過食嘔吐が止まった時があった。しかし、1月頭からまた過食嘔吐が始まってしまった。

もともと1年以上前にダイエットで1年で8kg痩せたが、それが反動となって過食し、嘔吐が始まったとは考えにくい。他に原因があるのではないかと思っている。

・身長160cm、48kg(min44kg)

もともと痩せ型の体型だったが、ダイエットで44kgまで落とした。今も44kgまで落としたい気持ちもあるが、まずは過食嘔吐を辞めることを最優先にしたいと思うようになった。

・通院の有無

なし

(2)問題整理

一番悩んでいることは過食嘔吐。「明日から吐かない」と決めても、結局繰り返してしまう。実家暮らしなのだが、家族が寝静まった後や、不在の時に過食嘔吐をしてしまう。

過食嘔吐は心の疲れの現れ。その根本となることを解決しなければなかなか治らない。今回の面談だけではその根本となる原因は突き止められなかったが、「自分の性格は考えすぎたり、人の目を気にしすぎる」「実家での居心地が悪い」「恋人と意見の相違があったり、自分の病気を彼は自分のせいだと思い込んでいるので、気を使って甘えられない」などが関わってきているのではないかと思いました。

(3)解決の道

家族や恋人との関係はすぐによくなるものではない。しかし、これは徐々に自分から気持ちを伝えてみたり、時にはぶつかってみて欲しいと思う。

そして、今回は過食嘔吐をやめられていた時期もあったので、アオさんはきっとまた辞めることができると判断。「過食嘔吐の衝動がきた時に、どうしたら回避できるか」について話をしました。

(4)意思決定

過食嘔吐の衝動がきた時に、わざわざ家から出て買い出しに行き、家族が寝静まった時に過食嘔吐をする。という話が出たので、①過食衝動がきても家から出ない ②会社帰りに過食材を買わないために、普段は1000円以上持ち歩かない、(小銭のみ持ち歩く)ということを一緒に約束しました。

衝動をコントロールすることはできないけれど、衝動がきた時にどう対処するかはある程度意思が関係してきます。買い出しに行かなければ食べるものがないので過食嘔吐せずにすみます。そして衝動がおさまるよう、自分でなんとかして乗り越え、それを習慣化できるといいですね。

ここで30分終了。

カウンセリングを申し込んでくれた方に共通するのは、「体重は今よりも多少増えたり、痩せることはないのはもう諦めがついた。とにかく今は症状を治したい」という決意があること。私にカウンセリングの予約してくれる、もうそれだけで大きな一歩を踏み出せていると思います。アオさんも無理せず、過食衝動を乗り越えてくれることを願ってます。

タイトルとURLをコピーしました