体験談23:拒食+計画的過食嘔吐

h.私の体験談

▼拒食・計画的過食嘔吐(48kg→38kg)

19歳4月~20歳4月 (約1年)

12時間、机に向かう生活

受験生になった私は

1日12時間勉強した。

なんたって偏差値29なので

死ぬほど勉強しないと受からないのだ。

  • 7時:起床・ご飯
  • 8時:勉強
  • 12時:お昼
  • 12半:英語のリスニングを聴きながら
  •    30分先の予備校へ徒歩
  • 13時:授業
  • 17時:古文のリスニングを聴きながら
  •    30分先の自宅へ徒歩
  • 18時:ご飯・お風呂
  • 19時:勉強
  • 23時~24時:就寝

完璧主義が功を制し

毎日きっちりハードな勉強をこなした。

あんなに食事中心だった私が

勉強中心の生活を送ることができた。

多分、摂食障害の方って

人一倍、努力家だったり

目標に向かって頑張れる人だから

やりたいことさえ見つかれば

病気は良くなることが多いと思う。

計画的過食嘔吐

受験生になり

食べることを考えたくなかったので

食事内容はほぼ毎日同じ。

  • 朝:果物・ヨーグルト
  • 昼:サラダ・押し麦のおかゆorベーグル
  • 夜:汁物・押し麦のおかゆ
  • 間食はソイジョイや豆乳

1日1000kcal程度しかとってなかった。

そして、

拒食のフラストレーションに色を加えたのが

計画的な過食嘔吐。

週に1度だけ朝の勉強の時間を

過食嘔吐に当てるのだった。

その4時間はネットサーフィンをしながら

1週間我慢してきた食欲を爆発させた。

1度の量は甘いものや揚げ物を買いこみ

3000円分、5000kcalくらい。

体と脳は快感を覚え、

ストレス発散の儀式として定着した。

これを4月から翌3月の受験が終わるまで

毎週おこなった。

過食嘔吐を悪とすればいい行いと言えないし

過食嘔吐を正当化したくない。

しかし、私にとってこの時は

過食嘔吐があったから

受験勉強が頑張れたのかもしれないし

治る過程で必要な行動だったのかもしれない。

ただ、私の体重は40kgまで減っていた。

タイトルとURLをコピーしました