摂食障害オンラインカウンセリング内容・申し込み

LINEを使用した摂食障害のオンラインカウンセリングの内容、プラン、ご予約についてご案内します。

オンラインカウンセリングのメリット

365日。好きな時間に、好きな場所から。
学校や仕事、育児に合わせた時間設定が可能です。自分の姿を見られたくない方でも大丈夫。
 
【対面カウンセリングとの比較】
  • 身だしなみを整える必要がない
  • 平日日中に時間をつくる必要がない
  • 通院にかかる時間・交通費の削減
【精神科や心療内科との違い】
  • 医師による診察、診断は行えない
  • 薬の処方ができない
  • 保険適用外
医師は医学を基本とするのに対し、カウンセラーは心理学を基本とします。通院では、診断や薬の処方のための診察が平均3〜10分と短く、投薬が基本です。一方、カウンセリングは心の悩みを深く話し症状を緩和することを目的とし、解決策までの具体的な提案ができます。
 

オンラインカウンセリングの概要

・使用ツール:LINE通話・メッセージ
・対象:当事者・ご家族(海外在住、男女OK)
・相談内容:摂食障害、食事指導、人間関係、妊娠出産、キャリア
・聞き手摂食障害専門カウンセラー あかね

摂食障害は、いつか治る病気です。ただ、何も対処をしなければいつまでも治らない病気です。

当カウンセリングでは、あなたの抱えている問題を整理し、認知行動療法を取り入れた実践的な問題解決をします。

卒業した先にある未来

17歳/拒食で高校中退、引きこもりに。2年遅れで大学受験。彼氏ができ、留学が夢。
28歳休職中/27kgからBMI21まで回復。食欲に従って食べられるようになり、転職
52歳主婦/拒食歴30年から脱出。夫との関係を見直し、第2の人生スタート
42歳OL/25年間、毎日過食嘔吐。許可食を増やし、趣味を発掘することで3ヶ月で症状ゼロに
58歳、当事者の母/生き方を見直し、娘との信頼関係回復。娘も治療に通い始め、回復傾向

選べる2つのコース

カウンセリングの申し込み

1. 簡単な申し込みフォームorLINEから「カウンセリング希望」とお送りください
2. LINEかメールにて日程調整
3. 事前ヒアリングシート記入
4. 料金のお振込(銀行振込/PayPay銀行)
5. カウンセリングの開始

申し込む

よくある質問

Q)通話とメッセージ、どちらがおすすめですか?
・書くことが苦手and定期的にカウンセリングの時間を確保できる⇨通話
・話すことが苦手and毎日、食事のアドバイスが欲しい⇨メッセージ

こだわりがなければ、「初回は通話で悩みを集中して整理⇨翌週からはメッセージで継続」という形をおすすめします。

Q)当事者の家族でもカウンセリングを受けられますか?
はい、LINE通話、メッセージどちららでも可能です。

Q)当事者と家族が同時にカウンセリングを受けることは可能ですか。
本音で対話をするために、マンツーマンを基本とします。
しかし、当事者とご家族が並行してカウンセリングを行うことはとても効果が高いので、当カウンセリングでは親子コースをご用意しております(上記参照)

Q)顔出ししたくないですが可能ですか
はい、ビデオ機能は使用せず、音声またはメッセージのみのカウンセリングになります。
通話で顔出し希望の場合はzoomにて1回40分で対応いたします。

Q)コースを終了後、継続したい場合はどうすればいいですか?
コース終了後の継続の場合、受講コースと同じ1回の価格で追加カウンセリングさせていただきます。
(例えば、通話短期コース終了後は1回9000円、卒業コースは1回8500円で1回ずつ追加できます※メッセージも同様)

カウンセリング卒業生の声

▼通話/20代女性

▼通話/20代女性

▼通話/20代の息子さんのお母様から

▼通話/30代OLさん

▼通話/50代女性

▼メッセージ/娘さんのお母様

▼メッセージ/10代の娘さん

▼メッセージ/40代女医さん

▼メッセージ/30代女性

▼メッセージ/30代女性

▼メッセージ/20代女性

▼通話/30代女性

申し込み

※価格は税込価格
※キャンセル料は前日と当日は100%いただきます
※カウンセリングに関する質問はLINEよりお問い合わせください
※価格は予告なく変更する場合があります

あなたにあったサポート方法を一緒に考えましょう。

ーーーーーーーー
▼摂食障害のブログ一覧(1日1ポチが励みになります)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
▼カウンセリングについて カウンセリング概要・料金・予約
▼Twitter(ほぼ毎日つぶやきます)
@ed_counseling

関連記事

  1. vol.14 :総カロリーが足りない

  2. vol.19:白いご飯が食べたくない

  3. vol.10:体重が30kgを超えたから復職したい

  4. vol.25 体重計に乗らなくなった

  5. vol.3:先取り不安をやめ、いいイメージをして一歩ふみだす

  6. vol.11:復職を許可しない主治医